2012. 08. 14  
盆です。親戚まわりしました。ごちそうをいただきました。
手作り蒸し饅頭うまし。遅い昼食に後悔+1


夜には我が古里、北川ふるさと夏まつりが開催されました。
親戚宅に車を預け、シャトルバスに乗り込む。まさか北川で満員バスに遭遇するとは思いませんでした。驚き+1

祭会場では知ってる人を探すだけで精一杯。
いつものメンバーや、記憶の片隅に残ってるかどうかわからない人がいました。

子供の頃の感覚とは違い、特に人に会いに行くのにウキウキしました。会っても言葉が続きません。口下手で申し訳ない。


クライマックスの花火。延岡の花火より発射地点が凄く近いので、大きく綺麗に、迫力ある大音量と空気の振動を感じました。感嘆+7
風向きが悪いうえ、花火によるスモークのせいで、連発は残念賞。でも凄かった。誇りに思うよ


盆はまだ続き、夏は終わらない…

とゆーわけで悔いなきよう努めるべし!
2012. 06. 24  
なんかいろいろなことしたら具合が悪くなったとです。それでは最近思ったことスタート
(超とりとめないです)

・なんか台風4号がくる前と、台風5号が過ぎ去った後のほうが雨がやばいって思った。
明日とかめっちゃダム放流するんじゃないかってぐらい。

・最近焼肉の回数がめっちゃ多い。2週間のあいだに消防団、友達、家族で大体4回ぐらいやってるっぽい。

・Fate/Zeroの作品のつくりが、最終回に迫るたびにすげぇことが起きてる。作画とか演出とか。ガンバレマジufotableガンバレ

・昨日のこと、ウイニングイレブン2009を友達と対戦した。、バルサ(友達)vsレアル(俺)で対戦したら、10対0で負けた。怒られる、サッカーファンにぶっ飛ばされかねない。

・ギターをいじってて思うけど、職業にできるぐらいのメンテナンス技術ができないうちは、プロに頼んだほうがいいって思った。国産ヴィンテージなるもんなんか、かなり規格外れしてて萎えた。

・でも国産ヴィンテージっていじらなくても良い音するのね。レスポールとかSGとかある程度完成されてるものは好き。

・結局、国産ヴィンテージストラトほど厄介なものはないっていうことでした。

・高品質のコーヒー豆をミルで挽いて、じっくり淹れたコーヒーの美味さを実感。俺の感想は、「爽やかで濃厚→海と空の蒼さがイメージできた」おそらく大半は「ハァ?」っていわれるはず。

・今日の昼ごろは気分的にヘヴィだった。雨ふったし、萎えた。

・このブログ書いてる途中(たったいま)でブルーバックに見舞われた。下書き保存機能がなければ即死だった。

・もう、ゴールしてもいいよね?

・作ってる曲の詩がちょっとできた。うれしい。

・真夜中に友達とFFおよびDQの話で盛り上がった。俺的には、FF4が好き。いいですとも

・情報化社会において、FBとかTwitterを駆使する人もいれば、メールを見ないという人もいて、その幅広さに対応が難しくなること多々あり。

・GE○でコミック半額券もらった。これでジョジョ、第5部完!、までもっていきたい。とりあえず今週はヨスガる。

・神経がビリビリする。

・まだ雨ふってるよ・・・

以上。
2012. 06. 03  
今日は私の甥っ子が運動会に出るということで、私の両親とともに福岡県某所の小学校にお邪魔しました。
AM4:00起床。AM4:30出発という久々の早朝出立にボーっとしながらもなんとか行けました。


1学年平均120人、総生徒数600人越えという学校に、1学年が約40人だった私の常識がボーンと爆発しました。ボーン


生徒数が多いゆえ、各学年で競走種目(リレーまたは徒走)、レクリエーション的種目(騎馬戦や大玉転がし等)に、表現種目(ダンス等) という3種目を行うというプログラム。チームは赤団と白団、オーソドックスな団分けでした。

んで、興味深かったのが競技の工夫の仕方。特にレクリエーション的種目。

一例として大玉転がし、いや大玉運びといったほうがいいかも。出発場所から数十メートル先のコーンを往復するというルール。

普通、大玉があれば転がすのみという単純発想を私はしていたのですが、
今日の競技では、
往路はコーンまで転がし、
CIMG1793.jpg

復路は空中に持ち上げて運ぶというもの
CIMG1799.jpg

他に、小学校の騎馬戦というと、帽子の取り合いかなと思ったら

ガチで引きずり落とすというルール
3回戦ほど行うのですが、落とした数を競うというルールが1回、
その後2回は大将を落とすというルールで、先手必勝で突撃していく騎、やってきた敵を迎え撃つ騎と、大変戦略性も考えられた種目でした。

男子だけの騎だと力の差が歴然で、一瞬で勝負が決まったりしてたのですが、
女子だけの騎では拮抗しているためか、ガチで取っ組合う空気をすごく感じました。
それはもう、相撲かレスリングか柔道か、いずれにしてもビビリました。もし自分が小学生だったら泣いてました。マジ

また、綱引きも3回勝負として行われましたが、私が知ってる綱引きは1回戦だけでした。
残り2回はなにか?というと、「ビーチフラッグス」「竹取物語」「綱引き」を混ぜたという斬新なルールでした。

①綱を真ん中の線として両サイドに赤団と白団が分かれます。準備姿勢はビーチフラッグスそのまんま
②竹取物語(奇数本用意した約2メートル長の竹の棒をとりあい、より多く竹の棒を取ったら勝ちという競技)のように、
両サイドから目的のブツを取り合いします。
ただし
③目的のブツは50m長で一本の綱で、これを1mでも長く各団の領域にもってきたほうが勝ち

というルールでした。一般的な一次元の綱引きではなく、面を利用した二次元的な綱引きでした。言葉にするの難しい。


その他、表現種目の中では、ソーラン節のBGMがエレクトロニカだったり、
フラフープでダンスしたり
CIMG1765.jpg

組み体操では人数の多さを利用した規模の大きいものをしたり
CIMG1822.jpg
CIMG1818.jpg
人文字もやったりしてました。
CIMG1824.jpg
(撮影角度が悪かったので解りにくいですが、外側に白帽、中心部に赤帽を持ってきて、
「ガンバレ日本」という合唱をしたことから、日本国旗を形作っていたようです)

昼休み後には各団の応援合戦があり、寸劇もやるという小さな文化祭も行われてました。


徒走やリレーなどの競走競技はとてもシンプルでしたが、小学生とは思えない迫力と熱気を感じました。
6年生のリレーは4回戦に分かれるほど人数が多かったのですが、先行逃げ切り、差がぐんぐん縮まる追走、
拮抗したバトルと、学生時代の思い出を呼び起こすようなドラマがありました。手に汗を握るほど、とても面白かったです。

最終結果は同点、引き分けという結果でした。マジッすか!?というのが感想です。

20年前も、人数などは違えど、こんな風に楽しんでたんだろうな~という幼い頃の思い出を呼び覚ますような運動会でした。

ラストに、自分的にベストショットだった写真を一枚
CIMG1841.jpg



以下、思い出にひたる駄文。
2012. 04. 29  
今日の報告 ツイッターじゃ書ききれないのでひさびさにブログにて


エヴァンゲリヲン展なんだが、みやざきアートセンターってのがどこなのかわからずさ迷ってたけど
橘通り沿いにでっかいビルででっかい文字でアートセンターって書いてました。灯台モトクラシー

EVA0001.jpg


エレベーター乗ったらミサトさんがアナウンスしてました。

4階が無料スペースで物販してた。ネタ的に面白いグッズがいっぱいあったけど買わな(買えな)かったです。

5階が有料スペースで受付時に前売り特典もらいました。
CIMG1701.jpg

最初のコーナーにて、入ってすぐにインパクト受けたのが、チタン製ロンギヌスの槍。これは間近で見るべき!
CIMG1696.jpg

企画書や原画、セル画などのコーナーは撮影禁止だったから写真はないけれど、感動しました。
企画当時とアニメ化で設定や背景が変わっていったっていうのが面白かったです。
セル画を合わせると立体感でてて、デジタル主体の現代では見られない面白さを実感。

最後のグッズ関連でなんか浮いてた(笑)
CIMG1694.jpg

楽器好きのおいらにはこいつは衝撃だったんだぜ
CIMG1693.jpg

ラストにロンギヌスレプリカと初号機
CIMG1695.jpg

友達2人と行ってたけど、撮影してくれるスタッフが不在のためおいらだけ取り残される。まいや


外に出て気づいたけど、初号機カラーのプリウスがドーンと道上に出てました
CIMG1697.jpg
CIMG1698.jpg


以上がエヴァンゲリオン展レポート。




んで、ストリート音楽祭について

初めて見に着たんだけども、橘通りのボンベルタ~市役所ぐらいまでの道がホコ天になってて
A~Hステージまで計8ステージが車道上や歩道上などに点在していました。

CIMG1700.jpg
CIMG1699.jpg
(観賞するのに夢中で写真とったのはこの2枚だけ(にがわらい))

12時半ぐらいにパレードが始まって、各ステージでちりぢりに演奏が始まってました。
各ステージでジャンルと言うか、形態と言うか、特色がありました。

エヴァ展をやっていたみやざきアートセンターの一階広場がゴスペルやってて
その近くの道路上ではパーカッションのみによるラテン音楽をやってて
さらに南ではバンド中心の音楽をやってて
さらに南では吹奏楽をやっている、というカオスぶり

PAや距離がうまく考えられているのか、各ステージで音が干渉せず楽しめるというのにおーって思いました。

3時すぎに、延岡でがんばってる原田美希ちゃん観にボンベルタの広場へ、一回迷った(笑)
(参考動画)http://www.youtube.com/watch?v=jIPNwfrUcEk&feature=related

一人ぐらいの弾き語りのための規模だったけど、建物の反響もあいまって、すごいパワーを感じました。
2年連続出演したり九州ツアーしたりと、実績を上げてて今後が楽しみです。

メインステージであるAステージでは少人数の金管やパーカッションだけど、
遠くから聴いても調和してかつ力強い演奏をしていて、お客さんも椅子は満席&立ち見がズラッと車道を埋めていました。

南のステージではジャズなどもやっていたようですが、見たかったものを優先したので見れませんでした。仕方ないね


帰りはGWゆえか渋滞ぎみでした。でも楽しくて充実した日になりました。友達ともいろいろ話したり。おしまい
2011. 08. 31  
空が青かった。雲が少しあった。
夏はピークを過ぎて涼しくはなってきたものの、太陽の光はまだ強かった。

冬の空も青かったが、自分の心を癒してくれた。
夏の空の光は・・・残念ながら心まで達しはしなかった。

自然の雄大さ、美しさ。それらを感じるのは人間の感性があってこそだ。
観測者がいなければ、風景は単なるモノである。
人間という観測者がいてはじめて自然は、風景はその美しさを映し出す。

自分の心は矛盾だらけだ。
人がいなければ生きていけない。それは理解している。が、本能は違う。
人は助け合って生きていく必然がある。それを私は意識的に、無意識的に拒んでいる。
人は創造もし、そして破壊もする。私はどちらもできない。ただそこに立っているだけだ。

空にあこがれた。音にあこがれた。光にあこがれた。
今はすべてを失った。失うものはなにもない、それはうそだ。
なぜなら、すべてを失って井戸に放り込まれたら、なにもできない。
今では、もう、空も高く遠くへ行ってしまった。誰も彼も近くにいなくなった。
いや、自分から遠ざけた。傷つきたくないから。自分がかわいいから。

俺は失った。大切な何かを失った。戻ってくるかもしれない。いつかは知らない。
今の俺には、ただうずくまることしかできない。ただ、それしかできない。
ブログ内検索
カウンタ
現在の閲覧者数:
累計の閲覧者数:
プロフィール

ふぇに

Author:ふぇに
音なき世界に意味はなし

ふぇにのライブetc音楽情報!!


好評発売中!

2006/12/27にJSA RecordsからリリースされたオムニバスCD
「Sound Of Minds」に参加しました!
JSA Records 「Sound Of Minds」ジャケット
2006.12.27 Release 発売元:JAPAN SHOW ANGEL RECORDS JSAR1K-16  2,100円(税込)

自身初のCDリリースでございます!

※このブログのご案内※
カテゴリの説明
[お知らせ]…俺の最新ニュース

[音楽]…私の周囲の音楽事情についてのレポートです.
[ライブレポート]…私のアマチュア/プロ問わずのライブレポート

[コラム]…ふぇにの哲学・思想・音楽観…などなどを盛り込んだ長文になりまくりなカテゴリです.めっちゃ疲れるので,ひま~な人しか見ちゃいけません!!

[日常]…音楽からちょっと離れた,ふぇにの日常をリポートします.

このブログのQRコード(携帯でどうぞ~)
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム