サウンドハウス
2017. 06. 16  
やはり、音楽に接していないといけないと思ったので

netduetto始めました(また)

基本公開ルームで、まずはセッション目的でやってみます。
ワンコードからスリーコードのシンプルなのとか、自分にできそうなら、ジャズのスタンダードとか
カラッカラのクリーンからヘヴィネスまで

お楽しみに

ツイッターのアカウントだと、 @mightywing で追っかけてちょ
2017. 06. 03  
現代の音楽制作では、アナログにこだわりのありすぎる人でなければ、きっと使うだろうDAW(Digital Audio Workstation)
たくさんのメーカーがたくさんのDAWソフトを作ってます。
(自分は10年前にZoomのH4についてきたCubase LEから始めました。)

今現在はStudio One Professionalを使用しています。動作が軽いのにマスタリングまで直感的にできるところが好きです。

んで、先のレコーディングではStudio One Professionalに備わっているプラグイン Open AIR を多用したところです。
簡単に言うと、リアルなリバーブおよびルームシミュレータ、です。

レコーディングマスタリングが一応終わって(音源化が諸事情で止まっています。すいません)
作業がストップするのもなんなので、同じくStudio Oneにあるプラグイン IR Maker を使ってみました。
IR Makerは上に書いてあるOpen AIRにおけるルームシミュレーションを行うためのデータ IR(Impulse Response)をStudio One内で採集しデータとして記録するプラグインです。IRについてはググってください。詳しい動作原理は大学に行って物理の波動およびデジタル信号処理の講義やゼミを受けましょう。音響工学系にいけば死にたくなるくらい教えてくれます。私は死にそうでした。

IR Makerの使用方法はプラグインのUIのヘルプを見ても英語で書いてあって、日本語で解説してるところもあまりないので、
おおざっぱに言います。

※注意※
・このプラグインはそこそこのマシンパワーを使うと思うので、それなりのスペックをもつコンピュータをお使いください。
・このプラグインを使用した場合、システム内が相当大きな音量を発生する可能性があります。
騒音源および振動源となる可能性がありますので、自宅等での使用はお控えください。
・また、過度な音量および電力を発生させるシステムで使用した場合、使用している機器が故障する可能性もあります。
大切な機器が故障しても当方では責任はもてませんので、各自自己責任で行いください。
・間違っても他人の機材(スタジオなどのレンタル品含む)を無断で使ってIRを取ろうなんて思わないでください。寸借であろうとなんだろうと人のものを勝手に使うのは窃盗ですし、それを使って作った創作物は詐欺です。自分が所有するものおよびOKをもらったものでIR Makerをご利用ください。

・間違っても他人の機材(スタジオなどのレンタル品含む)を無断で使ってIRを取ろうなんて思わないでください。寸借であろうとなんだろうと人のものを勝手に使うのは窃盗ですし、それを使って作った創作物は詐欺です。自分が所有するものおよびOKをもらったものでIR Makerをご利用ください。


2016. 04. 11  
単純な話、ビールみたいななにかを買ったからボトルネック(スライドバー)作ろうと思ったのさ
慣れれば一分でできます

1

使うのはライター。このときのためにジッポを買ったといっても過言ではない。
実際使ってないしね

2

飲み終わったビールビンの周りに傷をつけます。最初イトノコで切ろうとしてましたがまったく切れないので
ムキーってなってやすりで白くなるまで切りました。
できあがったものがこちらになります。
水を用意します。よく冷えたものがいいと思ったので氷もいれちゃいます。ロック!

3


傷をつけたビールビンにライターで焼きをいれます。ひどい

4


ピキンという音がしたら、大成功です。今回の場合、ピキンという音のあと、ビンが真っ二つに割れて落ちた上に
ライターに割れた片割れが当たって床に落ちました。
ライターの火が消えたからいいものの、消えてなかったら家がなくなってました。
あほか

あと氷水使わんかったわ

(7).jpg


でーきあーがーりー

ヒビはいっとるやんけ

そしてヤスリで傷つけた箇所とあんま関係ないところが割れているという事実


(8).jpg


こんな感じです。職人さんなら10秒でできちゃうスライドバー(ボトルネック)
あなたも身近なビンでレッツトライ!

(ビンの中身はスタッフがおいしくいただきました)
2016. 04. 04  
昨年に再々結成したデンマークのトリオロックバンド、Dizzy Mizz Lizzyの3rdアルバムが4月中に販売されます。
タイトルは Forward in Reverse

アマゾンだとフォワードインリバースと書いてたから
Rebirthかと思ってしまった。
これ、賛成の反対なのだ、みたいだ
マルチミーニング最高!

解散してから知って衝撃を受けて、再結成して日本にライブに来たので私もいきました。2回

再解散後、再々結成して、去年埼玉でのメタルフェスラウドパーク、通称ラウパに出演したので私もいきました。2日とも

そして今年、解散してからは多くのファンがあきらめていた3rdアルバムが20年ぶりに発売されるのですが、そのCDのデラックスエディションがラウパノーカットライブ映像つき

https://youtu.be/IxsWXaJpR9Y

当然、
http://amzn.to/1ouP0L2
なりますよね

届いてDVD観たら
1回目は去年を懐かしんでしっかり聴きます。
2回目はオーディエンスへカメラが当てられたら自分を探して見ます。
3回目はGarageでのフィルムライブを打診します。
2015. 08. 01  
こんにちわ。のっぽさんです。

今日は楽しい工作をします。

ドラムを叩いていると、ロックなときはスティック(太鼓でいうバチ)でばしばし叩いてて気持ちいいと思いますが、
ちょっとムーディな曲でばしばし叩いてると音が強すぎて浮いちゃいますよね?
私はそういうことが最近ありましたw

そこで普通は一本の木の塊であるスティックにかわって、
竹ひごを集めて作ったマルチロッド(バンブースティックとも、他多数の別名あり)があります。
製品例は次の中段目ぐらいにあります
http://www.zildjian.jp/mallet_rod_brash.html

近くの店でおいてたのを見たのですが、ワンセット2000円ほど・・・・

高い・・・

じゃあ作ろう。

んでかってきました。
竹ひごとひごをまとめるなにかを
CIMG0297.jpg

熱収縮チューブ、ホットチューブとかいいますこれは、
熱を加えると縮む材質のチューブで、ギターなどで端子の絶縁などに使います。
買ったけど太すぎて使い道が少なすぎて置いてたものです。これがだいたい500円ぐらい
CIMG0299.jpg

普通の工作用竹ひご。直径3mm長さ900mmが6本で172円。2セット
CIMG0302.jpg

では作り方です。
①竹ひごを作るマルチロッドの長さにカット
②熱収縮チューブを竹ひごをまとめるとともに、グリップ(にぎり)に使うためにカット
③竹ひごを12本一束にしてチューブをとおす
(今回はチューブだけでは塩梅が悪そうだったので結束バンドも使いました)
④チューブを熱し収縮させまとめる。完成

①竹ひごを、製品版がだいたい415mmなので余分含めだいたい420mmぐらいにカット
IMG_3970.jpg

一本カット。この調子で全部をカット
IMG_3971.jpg


こんな感じ。900mm-420mm=480mmで約60mm端材がでるので端材をカット
IMG_3972.jpg

こんな感じ。切ったあとに気づいたけど、別に使用する上で苦にならなければ
450mmで端材でないように真ん中で切ればよかったのに・・・と後悔。こんどへのフィードバックね
IMG_3973.jpg

②熱収縮チューブをカットします。今回はグリップ用に長めのものとまとめるために短めのものを一束あたり一個ずつカット
IMG_3974.jpg


③竹ひごを12本束にしてチューブを装着
(他にも14本とか19本とか差はあるみたいですが、今回はただ作るだけが目的なので、ワンセットできるよう12本にしました)
IMG_3976.jpg

なんか締まりが悪そうだったので、結束バンドを使いました。
IMG_3975.jpg
④ではチューブに熱を加えます。
いつもははんだごてを使って収縮してますが、取説にドライヤーの絵があったのでドライヤーを使います。
IMG_3977.jpg

ぜんぜんだめだったのでライターであぶります
IMG_3978.jpg

一本完成
IMG_3979.jpg

一本できたので同じ要領でもう一本。イエー
IMG_3980.jpg

以上です。ただし、先端が素人工芸ゆえ不揃いでとんがってます。
今後やすりがけして滑らかに揃える必要がありますね。

これワンセットに172円×2+500円(のうち20cmほど)ぐらいなので、1000円以内でできるのかも、と思いました。
ただし、熱収縮チューブ収縮にライターを長時間使ってたらライター2本逝きました。
アホでした・・・

IMG_3981.jpg


これを期に、こんどはすだれを買うとコストカットになるかもしれませんね!多すぎるかもしれんがw
チューブのかわりに太目の輪ゴムでもいいかもしれません。
太いのは近場のものだと口径がでかすぎて断念しました。

なお、音響特性として優れているかどうかというのは、まったく検証してません。
あと使いやすいかもわかりません!
これからはライターの代わりを見つけ、先端を滑らかにし
それからマイスネアとマイシンバルを揃えて使いたいです!

つまりすぐには使えないってことです。ハイ
ブログ内検索
カウンタ
現在の閲覧者数:
累計の閲覧者数:
プロフィール

ふぇに

Author:ふぇに
音なき世界に意味はなし

ふぇにのライブetc音楽情報!!


好評発売中!

2006/12/27にJSA RecordsからリリースされたオムニバスCD
「Sound Of Minds」に参加しました!
JSA Records 「Sound Of Minds」ジャケット
2006.12.27 Release 発売元:JAPAN SHOW ANGEL RECORDS JSAR1K-16  2,100円(税込)

自身初のCDリリースでございます!

※このブログのご案内※
カテゴリの説明
[お知らせ]…俺の最新ニュース

[音楽]…私の周囲の音楽事情についてのレポートです.
[ライブレポート]…私のアマチュア/プロ問わずのライブレポート

[コラム]…ふぇにの哲学・思想・音楽観…などなどを盛り込んだ長文になりまくりなカテゴリです.めっちゃ疲れるので,ひま~な人しか見ちゃいけません!!

[日常]…音楽からちょっと離れた,ふぇにの日常をリポートします.

このブログのQRコード(携帯でどうぞ~)
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム