2010. 10. 01  
まずはこちらを聴いていただきたい

http://www.youtube.com/watch?v=i-p0_hq1UFk


http://www.youtube.com/watch?v=SYd5cxP7rko



デンマークの国民的ロックバンドであるDizzy Mizz Lizzyです。

先日9月28日、29日に、川崎クラブチッタにて、彼らの一年限りの再結成の
フィナーレライブが行われました。

行ってきました。

2010年5月にも再来日して、そのときにも行きました。

半年たたずして2回もDMLを観れた私は、とても幸せものです。


つくづく、彼らトリオの化学反応は唯一無二だと感じました。

Vo/GのTim Christensenの力は凄く大きい。
実際に、彼のボーカルとギターがDMLそのものであることは明らかで、
ライブだと、変幻自在なギターと、心温まるボーカルには心を動かされずにはすみません。
アンコールではソロ作2曲をアコースティックでやっていましたが、
彼は一人でも、最高のアーティストでした。

ですが、BのMartin Nielsen、DrのSøren Friisは、Timが表にあるなかで、
明らかな基礎を作り出していることを感じました。
改めて、ベース&ドラムスは大切であることを、
そして、三人のバランスがぴったりであることを感じました。


彼らが残したアルバムは2枚、ベストアルバムもあります。
個人的には、アルバム二枚を手に入れていただきたい。
それが、良くも悪くも彼らだから。

できればベストアルバムと来日ライブアルバムもつけてほしい。
それが、彼らの真価だから。


それと、Timのツイッターなどから、Dizzy Mizz LizzyのドキュメンタリーDVDが
出るらしいです。もちろん、ライブ模様も収録されるでしょう。

必ず買います。


でも、どんな綺麗な映像や音声も、生の一瞬にはかなわない。
そのかわり、忘れてしまうものもある。

彼らがいたことを、私はずっと覚えておきたい。
時代に風化されても、彼らがいたことを忘れなければ、DMLファンにはそれでいい。


将来、DMLが再々結成されるのは大歓迎だし、Timがソロで来るのもオールOK。
ただし、俺がいけるかどうかはわからないけど。

今回の東京行きも、かなり強行したので、非常にあとあと影響があるかも・・・

でも、後悔したくなかったし、実際後悔しなかった。むしろ充実した。


今はとりあえず、ありがとうDML。また、逢いましょう。
NEXT Entry
私のライブ告知情報
NEW Topics
【天使の3P!】サタデーナイトフィーバーからの昇竜拳→d(`・ω・´)b【くーちゃん】
【天使の3P!】Help!4話に出てきたCDのジャケットがなんなのかわからないので教えてほしいでごんす!【細かい検証ネタ】
【天使の3P!】女子小学生が滝の上でギターを弾いてるだけの映像【アニメ限定!】
【聴いてスッキリ】エフェクターにおけるバッファ回路についての是非(実践編ハムバッカーの部)【バイパスレビュー】
【聴いて納得】エフェクターにおけるバッファ回路についての是非(実践編シングルコイルの部)【バイパスレビュー】
Entry TAG
Dizzy   Mizz   Lizzy   Tim   Martin   Soren  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
カウンタ
現在の閲覧者数:
累計の閲覧者数:
プロフィール

ふぇに

Author:ふぇに
音なき世界に意味はなし

ふぇにのライブetc音楽情報!!


好評発売中!

2006/12/27にJSA RecordsからリリースされたオムニバスCD
「Sound Of Minds」に参加しました!
JSA Records 「Sound Of Minds」ジャケット
2006.12.27 Release 発売元:JAPAN SHOW ANGEL RECORDS JSAR1K-16  2,100円(税込)

自身初のCDリリースでございます!

※このブログのご案内※
カテゴリの説明
[お知らせ]…俺の最新ニュース

[音楽]…私の周囲の音楽事情についてのレポートです.
[ライブレポート]…私のアマチュア/プロ問わずのライブレポート

[コラム]…ふぇにの哲学・思想・音楽観…などなどを盛り込んだ長文になりまくりなカテゴリです.めっちゃ疲れるので,ひま~な人しか見ちゃいけません!!

[日常]…音楽からちょっと離れた,ふぇにの日常をリポートします.

このブログのQRコード(携帯でどうぞ~)
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム