サウンドハウス
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017. 07. 29  
バッファードバイパスかトゥルーバイパスか、これはエフェクター好きのギタリストを主に機材を愛する人にとっては
きのこの山vsたけのこの里の戦い(きのこたけのこ戦争)ばりに語られるものだと思います。

1
(ところで私はきのこの山が好きです)


それで、あえて自分もこの血で血を洗う紛争に一石を投じてみたいと思いました。
(なお、この記事における写真はすべてネットでの拾いものなので過度なツッコミはご勘弁ください)


まずはじめにタイトルのとおり、
「エフェクターにおけるバッファ回路の是非について」
私が結論を言うと(エフェクターを使用する場合)

バッファは必要である
(※バッファに優劣なし)

となります。
2
(本文とは関係ないけど、INとOUTが強調されると時計仕掛けのオレンジ的にヤバイ表現になる)


トゥルーバイパス(True Bypass)という言葉、なんかトゥルー(True)って響きがかっこいいからエフェクターも使いたくなります。
(自分も20代はトゥルーバイパスという言葉でなんとなくエフェクター使ってました。)
また、バッファードバイパス(Buffered Bypass)は音が悪いというイメージも付きまといます。
(二元論で話をすすめるのが一番大衆に受けるし。勧善懲悪とか白黒つけるとか。)

ただ、トゥルーバイパス・バッファーバイパスと比較して言うから紛らわしいので、海外のとおりハードワイア(配線)バイパス・バッファード(緩衝するもの)バイパスと言い換えればなんかしっくりきます。

つまり
ハードワイア(配線)バイパス→メカニカルなバイパス→機械的なバイパス
バッファード(緩衝)バイパス→電子回路的に緩衝部を設けるバイパス→電子的なバイパス

3.jpg
(VOX V847-HWのHWはHand Wired(高品質パーツで手作り配線=安価なプリント基板でなし)というのとHard Wire bypass(=トゥルーバイパス)のダブルミーニングなのだよ(予想))


これは一度エフェクターを自作した人ならわかると思いますし、そうでなくても電子スイッチを使用していない旧式の安価なエフェクターを使用してれば感じるかもしれませんが
ハードワイアバイパスのエフェクターはカチッという音がします。(スイッチングノイズ)
一方、電子式はスイッチングノイズが演奏をするうえで気にならない程度に小さいものです。

この記事の趣旨ではないので詳細は省きますが、スイッチングノイズは近代のPAとしては不要の産物だったと思います。
(ギターアンプ等のスピーカーから直接観衆の耳に行くならともかく、同スピーカーの出音をマイクで拾ってPAで増幅しPAスピーカーで出力すれば、スイッチングノイズも増幅し出力されるのは会場が大規模になるほど敬遠されるのは想像に難くない)
ゆえに、BOSSとかIbanezのエフェクターが重宝されるのは80~90年代の流れとしては当然だったかもしれません。
また、どうしても切り替えが必要になるワウペダルが総じてバッファードバイパスだったのもそういう理由かもしれません。
(ワウにトゥルーバイパス(ハードワイアバイパス)が最近まで出てこなかったワケ。ちなみに私ははじめてワウのトゥルーバイパス化をした際にすごいスイッチングノイズが出たのでびっくりした)

ただ、メリットあればデメリットあり。例えばボスコンの悪いところやワウがバイパス音でブーイングが出る理由のひとつが(低品質な)バッファであることも事実です。
(決してボスコンはじめ電子スイッチ式エフェクターやワウ自体が悪いということではなく、合理化と大量生産低コスト化のための製法のデメリットが露呈しイメージづいたと思われます。)

バッファに注目を集めたのが、ひとつはKlon Centaur(クロン ケンタウルス)を発端とした高品質バッファ搭載のエフェクターの登場、もうひとつは今でこそボスコンは低品質といわれているけどそれで時代を彩ったギタリストによる音色の定着化だと思います。
4.jpg
(私は実はケンタを一度弾かせていただいたことがある。その時のセットアップに含まれていたものは、ヴィンテージのフェンダームスタング、マッチレスのDC-30という恐ろしいものだったが、他人のギターはとかく弾きにくいものなので結局なに弾いてたかは忘れてしまった)

5.jpg
(BOSSのDS-1といえばJoe Satriani、Steve Vai、SD-1といえばZakk Wylde,Richie Sambora、名前聴いただけで音がなんかわかればよく伝わると思う)


初めてテーマに引きを入れながら、次回に続く
エフェクターを通した時の比較記事(シングルコイルの部)
エフェクターを通した時の比較記事(ハムバッカーの部)
NEXT Entry
【聴いて納得】エフェクターにおけるバッファ回路についての是非(実践編シングルコイルの部)【バイパスレビュー】
NEW Topics
ADA MicroCAB Miked Guitar Cabinet Emulatorの恐るべき機能(理論編)
【南国の工作員シリーズ】ダミーロードを作ろう
ACアダプタとかDCジャックとか電源端子で困ったときにお使いください
【天使の3P!】Three Angels Complete Albumの感想【レビュー】
【天使の3P!】2期や劇場版でまた逢いましょう【オワタ】
Entry TAG
バッファ   トゥルーバイパス   バッファードバイパス   エフェクター   ハードワイア   Truebypass   hardwire   buffer   guitar   ギター  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
カウンタ
現在の閲覧者数:
累計の閲覧者数:
プロフィール

ふぇに

Author:ふぇに
音なき世界に意味はなし

ふぇにのライブetc音楽情報!!


好評発売中!

2006/12/27にJSA RecordsからリリースされたオムニバスCD
「Sound Of Minds」に参加しました!
JSA Records 「Sound Of Minds」ジャケット
2006.12.27 Release 発売元:JAPAN SHOW ANGEL RECORDS JSAR1K-16  2,100円(税込)

自身初のCDリリースでございます!

※このブログのご案内※
カテゴリの説明
[お知らせ]…俺の最新ニュース

[音楽]…私の周囲の音楽事情についてのレポートです.
[ライブレポート]…私のアマチュア/プロ問わずのライブレポート

[コラム]…ふぇにの哲学・思想・音楽観…などなどを盛り込んだ長文になりまくりなカテゴリです.めっちゃ疲れるので,ひま~な人しか見ちゃいけません!!

[日常]…音楽からちょっと離れた,ふぇにの日常をリポートします.

このブログのQRコード(携帯でどうぞ~)
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。