2017. 07. 18  
http://mightywingfeni.blog84.fc2.com/blog-entry-2360.htmlの答え合わせのための記事です。
わかり次第更新ということにしますね

とりあえず、ベースアンプは不正解でした。まさかBassman Tenなんていうコンボアンプがあったとは夢にも思うまい。
シルバーフェイスの後期作のようで・・・無念・・・

2017-07-18.png

Marshall は予想していたように3ピンの1959のようです。それにしても、この画像、フルテンである。
スタンバイオン後のハウリングとか大丈夫なのだろうかと心配になる、けどまあロックだしいいや。
2017-07-18 (1)

追記
劇中では使用していた描写がないのでスルーしてたんですが、絵自体があったので触れてみます。
Fender Twin Reverb 年代は1963~1967年のブラックフェイス期
詳細は明記されていないので控えますが、ヴィンテージならP2P配線マスターボリュームなし85W出力。当然小学生の耳にはやさしくないアンプ

2017-07-26 (1)

追記2
響が部屋に置いてるギターについて
原作では1巻の各章の頭に
Fender USA Jazzmaster(中古)
K.Yairiのアコースティックギター(中古)
と書いてますが、
4話で使用してる姿からアコースティックギターに変更があります。
アニメ版だと
・Yamahaロゴ
・LL・FGシリーズのヘッドでヘッドインレイなし
・Yamahaロゴ入りトラスロッドカバー付き
・ロトマチックタイプのペグ
・ドレッドノートタイプのボディシェイプ
・教室ライブシーンでのサウンドホール内にオレンジラベルらしき楕円ラベル
2017-08-05 (6)
2017-08-05 (5)
2017-08-05 (2)
2017-08-05 (4)
2017-08-05 (1)

ヘッドのバインディングがシーンによって太くなったりなくなったりしてるのは作画の問題かと思いますが、そこは無視してググったところ
Yamaha FG251とかFG351Bというのがヒットしました。
これが作中のギターだとしたら70年代後半製だということで40年前のものになります。音はともかくネックの太さやボディトップが膨らんで弦高含めプレイアビリティにすごく不安が残る・・・
(余談ですが私の父が初めて買ったギターもYamahaのグリーンラベルFG130、これもネックが極太で保存状態も悪く、ペグやナットの精度が悪いのでチューニングがすぐ狂うといいところのないギターです。オーバーホールすればスライドギターに使えそうだとは思いますが・・・)

響の所有のもひとつのギターがFender Jazzmasterですが
・原作からFender USA
・マッチングヘッド
・ローズ指板がラウンドボード
・ボディ色とヘッド色からLake Placid Blue

2017-08-05 (7)
2017-08-05 (8)

仕様は1964年ごろのJazzmasterのリイシューものだと思いますが、Fender USAだとアメリカンヴィンテージシリーズ(
アメリカンプロフェッショナルシリーズ)が該当するのかなと。
フェンダージャパンだと同仕様で2007年頃に製造されたリイシューがあったみたいです。
https://reverb.com/item/2371315-2007-fender-jazzmaster-in-old-lake-placid-blue-w-matching-headstock-made-in-japan
NEXT Entry
【バッファードバイパス】エフェクターにおけるバッファ回路の是非について【トゥルーバイパス】
NEW Topics
【天使の3P!】Help!4話に出てきたCDのジャケットがなんなのかわからないので教えてほしいでごんす!【細かい検証ネタ】
【天使の3P!】女子小学生が滝の上でギターを弾いてるだけの映像【アニメ限定!】
【聴いてスッキリ】エフェクターにおけるバッファ回路についての是非(実践編ハムバッカーの部)【バイパスレビュー】
【聴いて納得】エフェクターにおけるバッファ回路についての是非(実践編シングルコイルの部)【バイパスレビュー】
【バッファードバイパス】エフェクターにおけるバッファ回路の是非について【トゥルーバイパス】
Entry TAG
天使の3P   スリーピース   アンプ   蒼山サグ   楽器   機材   マーシャル   フェンダー   ツインリバーブ   1959  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
カウンタ
現在の閲覧者数:
累計の閲覧者数:
プロフィール

ふぇに

Author:ふぇに
音なき世界に意味はなし

ふぇにのライブetc音楽情報!!


好評発売中!

2006/12/27にJSA RecordsからリリースされたオムニバスCD
「Sound Of Minds」に参加しました!
JSA Records 「Sound Of Minds」ジャケット
2006.12.27 Release 発売元:JAPAN SHOW ANGEL RECORDS JSAR1K-16  2,100円(税込)

自身初のCDリリースでございます!

※このブログのご案内※
カテゴリの説明
[お知らせ]…俺の最新ニュース

[音楽]…私の周囲の音楽事情についてのレポートです.
[ライブレポート]…私のアマチュア/プロ問わずのライブレポート

[コラム]…ふぇにの哲学・思想・音楽観…などなどを盛り込んだ長文になりまくりなカテゴリです.めっちゃ疲れるので,ひま~な人しか見ちゃいけません!!

[日常]…音楽からちょっと離れた,ふぇにの日常をリポートします.

このブログのQRコード(携帯でどうぞ~)
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム