2007. 12. 27  
抗うつ薬 自殺リスクを記載へ
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=371665&media_id=2


自分の解釈では、抗うつ薬は脳に向かって、生産量が少なくなってしまったセロトニンという脳内物質の生成を促すよう働き掛けるもの。

決してネガティブ思考をポジティブ思考に変換するわけじゃあない。

似た例を挙げれば、ネガティブ状態でアドレナリンMAX状態にもちあげるような薬物使えば、そりゃあハイになって恐怖の行動するでしょう。ちと極端ですけど、あってます?

薬がなければ調子悪くなるのも事実。そして薬は劇的に効きもせず、体調の波はいつだって不定であるのもまた事実。

重要なのは、自分の相性や状態にあわせて適した薬処方やカウンセリングをしてくれる医者の力量か。

もっと大事なのは、病気に対して理解があり温かく接してくれる家族や友人、快く過ごせる環境があるかどうか。

24歳以下なんて飾りです。えらいひとにはそれがわからんのです。


と、つらつら書きながら抗うつ薬より睡眠導入剤のほうが手放せなくなった私。

飲まないで寝た日には高確率で悪夢にうなされ、レム睡眠がなかったろうな、と思えるぐらい睡眠不足・疲労感に悩まされます。

いや…飲んだからといってすっきりした朝があったことも、この半年全くないわけですが…
NEXT Entry
どんだけ増えようがマックはマック、ブームはブーム
NEW Topics
【天使の3P!】Help!4話に出てきたCDのジャケットがなんなのかわからないので教えてほしいでごんす!【細かい検証ネタ】
【天使の3P!】女子小学生が滝の上でギターを弾いてるだけの映像【アニメ限定!】
【聴いてスッキリ】エフェクターにおけるバッファ回路についての是非(実践編ハムバッカーの部)【バイパスレビュー】
【聴いて納得】エフェクターにおけるバッファ回路についての是非(実践編シングルコイルの部)【バイパスレビュー】
【バッファードバイパス】エフェクターにおけるバッファ回路の是非について【トゥルーバイパス】
ブログ内検索
カウンタ
現在の閲覧者数:
累計の閲覧者数:
プロフィール

ふぇに

Author:ふぇに
音なき世界に意味はなし

ふぇにのライブetc音楽情報!!


好評発売中!

2006/12/27にJSA RecordsからリリースされたオムニバスCD
「Sound Of Minds」に参加しました!
JSA Records 「Sound Of Minds」ジャケット
2006.12.27 Release 発売元:JAPAN SHOW ANGEL RECORDS JSAR1K-16  2,100円(税込)

自身初のCDリリースでございます!

※このブログのご案内※
カテゴリの説明
[お知らせ]…俺の最新ニュース

[音楽]…私の周囲の音楽事情についてのレポートです.
[ライブレポート]…私のアマチュア/プロ問わずのライブレポート

[コラム]…ふぇにの哲学・思想・音楽観…などなどを盛り込んだ長文になりまくりなカテゴリです.めっちゃ疲れるので,ひま~な人しか見ちゃいけません!!

[日常]…音楽からちょっと離れた,ふぇにの日常をリポートします.

このブログのQRコード(携帯でどうぞ~)
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム