サウンドハウス
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 02. 14  
<背景>
PCゲームソフトブランド Key(Visual Art's)が2010年に公開したアニメ「Angel Beats!
それは公開後5年になりそうなのに未だ根強い人気を持ちますが、
同社から今年2015年5月29日にPCゲーム版「Angel Beats!」の第一章にあたる
Angel Beats! - 1st beat」の発売が発表されました。
そして今年の1月30日にそのゲームの予約が開始されました。

ニコニコ動画ではその流れに合わせて、劇中で設定されているキャラクターによるガールズバンド
Girls Dead Monster」(略称:ガルデモ)の楽曲をみんなでやって楽しもうという「ガルデモ祭り」が
2月14日~3月1日に開催されてます。
(詳細は主催者Painさんのブログ参照 →http://ameblo.jp/painwhitesg/entry-11982114443.html)

以上、知らない人も23%ぐらいわかる、今回の記事の背景の説明でした。

それでは今回、私が初参戦したことの内容
Girls Dead Monsterの楽曲「Highest Life」について書きますね。以下続刊




<楽曲紹介>
今回ガルデモ祭りでやろうと思って決めた曲は
「Highest Life」
シングル「Thousand Enemies」の三曲目に入ってる曲です。
下手すると知らない人が多いかもしれないとか思ったけど、
好きなんだからしかたないだろうがぁー

ということで2月14日の朝にニコ動にアップして、
その日の夜にYoutubeにアップしました。
好みのサイトで視聴してください。
※聴いてもらえるとわかるけどカバーという名の下に、だいぶ原曲崩してます。
なので原曲が好きだからアレンジは嫌だという人は控えていたほうが賢明かもしれません。
こんなのガルデモじゃないっていう意見があるかもしれません(そのようなコメントはまだ来てませんが)。
ご意見ご感想はどんどんください。ただしニコ動のコメントすべてに対応はできない、というか意見は聞きますが抽象的なものについてはただ読み流すので、具体的に伝えたいことがあればこのブログのコメントやツイッターのアカウント:@mightywing までリプやDMください。






<機材のはなし>
使った機材を紹介します。
ボーカル、コーラス、アコースティックギター、エレキリズムギター、エレキリードギター、ベース、打ち込みドラムの順で
【ボーカルとコーラス、マイク】
ボーカルとコーラスのマイク、およびギターとベースの拾い、つまりドラム以外のすべてでマイク使ってます。
機種はRodeのコンデンサ NT3(メイン)とShureのダイナミック SM57(アンプ拾い)です。
SM57 NT3

ボーカル用にNT3をマイクプリMP3通してレコーダーH4に入れて唄ってます。

コーラスも同様です。オクターブ上を唄ったり、マイクから離れて動きながら録ってみたり、
それを計6トラックとってミックスしてます。これが一番イメージがつかめなくて大変だったw
《今回のポイント1!》
コーラスは原曲の男女混声とかできたらいいけど物理的にも人徳的にも不可能だったんで
自分ひとりで全部やりました。最初はクイーンみたいにハーモニーとったほうがいいのかなと思いましたが
いざとってみると、メロディとオクターブ上だけで十分なライブっぽさがでたからこれでいきました。
でもまだハッテン途上。まだいけるな

アコースティックギターとアンプ用には57を立てて基本オンマイクで録ってます。特例としてNT3をたててオフマイクで録ってます。具体的にはアンプのほうで

【ギター】
今回のギターはアコースティックがMaruha オーディトリアムタイプ。40年前ぐらいの安ギターです。
マイクとおして録ってみたら、けっこういいハイがでてくれて、曲中全般的に活躍しました。
maruha AG

エレキはリズムがGrecoのSGタイプ。たぶん人間椅子のワージーがもってるものとおなじ系統のグレコです。
アンプとの組み合わせてすばらしいクランチトーンが出せたと思います。
やはりSGは中音域がなんか違う・・・
Greco SG

《今回のポイント2!》
リードは、正式な公開は今回が初となります、Fender USA American Deluxe Stratocaster
Aged Cherry Burst / Maple Fingerboard
です。
fenderUSA American Deluxe Storatocaster ACB

詳しいことはまたギター紹介の記事をこれから手が空いたら更新していきたいと思いますが、
ガルデモ祭り、という意味で言えば、人生で初めて、これが欲しくて買ってしまったシグネチャーモデルっぽいなにかです。

【ベース】
ベースは手持ちのヤマハのBBV。ベースにしては低音がややでないけどヌケがよくて軽くて扱いやすいやつです。
弦を数年前に買ったステンレスフラットワウンドに変えたら指弾きめっちゃしやすいw
今度もそうしよう
YAMAHA BBV

【エフェクト】
リズムギターはチューナー挟んだだけ。

リードギターはチューナーとファズとディレイ。
effects
ファズは手持ちの三台並べて弾いて、一番相性よかった赤のNKT275ゲルマファズフェイスを採用。
ディレイはすごく薄くかけたのでディレイよりも室内リバーブのほうが強かったかも。

ベースはチューナーの電池忘れたからMXRのBass DI+を挟んだだけです。
ただし、DIから一方はダイレクトアウトでH4へ、
他方はアンプアウトでスタジオにあったSWRのアンプへ入れて57で拾いました。
初めてのベースでのラインとマイクのミックス。若干の存在感を残したつもりです。

【アンプ】
《今回のポイント3!》
リズムギター用にはHughes&KettnerのStatesman Dual
マーシャルだとリズムとるにはハイがきついかもとか思ったり、リズムギターはだいたい小出力よね
ということでコレです。といいながら歪みchでゲインとマスター10時まで回ってなかったけどw
dual1
SGとの相性もあってすばらしいクランチ~オーバードライブをかましてくれたと思います。
生きてよかったな~のところのギターとボーカルは弾いてて、あと再生してみてほんと生きてよかったなと思いました。

《今回のポイント4!》
まじやっててよかったと思ったリードギター。
ストラトACBとファズとディレイとMarshall 1959SLP +1960AX + 1982Bの三段スタック。
1959
冗談じゃなくジミヘンでありエリックジョンソンだった。これはもはや家宝とおりこして博物館たてて
自分が死んだらそこで保存してほしいぐらい。
そのかわり準備に1人じゃできない。
1982Bはストレートな上、普通の1960Bよりも縦長だから横向きにして三段にするならともかく
ノーマルの三段にすると高すぎて重すぎて一人じゃできない。
素人にはおすすめできないというか、死ぬほど音作りとコントロールが難しい。
曲の途中のフィードバックがどうしてもタイミングあわなくてスタジオ延長したぐらい。
よほどの覚悟がないと手軽になんて使えない、そんな夢の三段スタック・・・

《ここだけのはなし》
1959のマイクどりについて、本当は57のオンマイクとNT3のオフマイクのミックスをするつもりで録ってたんですが
なんのミスか、採用テイクの音だけ、57の録音ボタンが切れてました。
なのでNT3によるオフマイクの音だけしか使えませんでした。
なんかリードギターの音が遠くで鳴ってるなと思ったアナタ。正解です。


【そのほか】
録音はスタジオ現場ではH4で録ったものを、アコギは騒音を気にしながら家でCubase SEで録りました。
ミキシングもマスタリングもCubase SE。マイクどりがうまくいくとまったくもってミキシングいじらなくていいから
楽ちん。そのかわりスタジオ代がすごい。1959録るために2時間半で1人だけで3750円払ったwww

ビデオは今回はパナソニックの昔のDVカメラで撮りました。粗いけど問題ないと思ってます。
クレームきたらどうしようとか思うけど、あんまり気になるようであればコメントください。

《一番の難所》
クソコラグランプリ。あのガルデモのジャケットをオマージュしたクソコラ。たぶんあれのせいで再生数のびてないwww

構想は友達のジャンに協力してもらいました。
本ちゃん前にガチでフォトショが壊れて、Gimp使ってました。
す ご く 使 い づ ら い
これだけで徹夜の3~4時間使った。アップする直前でした。
ちきしょう・・・

でもエンディングのあの構図は気に入ってるんだけどな・・・そこんとこどうでしょうか?

<総括>

そういうわけで完成したのがこれです。




アンプの音とかすっごい気に入ってるし、アレンジもぶっ壊してるけど、俺なりの解釈でこれが良いという気持ちで作ってみました。
それを気に入るかどうかは聞き手の判断だからなんもいいません。それであまりにもひどいというのならば
コメントしてもらってもかまわんです。ニコ動でがしがし送ってもらっても。

ただ気に入ったらRTでもふぁぼでも、8888でもいいからもらえると救われます。ああ、間違ってはいないんだなって。

ガルデモ祭りについては今のところこの1曲だけを投稿です。ちょっち他にも作る曲があるので手が裂けないので。
もしリクエストがあれば、場合によってはのっかりたいと思います。
どうぞお楽しみください。
スポンサーサイト
ブログ内検索
カウンタ
現在の閲覧者数:
累計の閲覧者数:
プロフィール

ふぇに

Author:ふぇに
音なき世界に意味はなし

ふぇにのライブetc音楽情報!!


好評発売中!

2006/12/27にJSA RecordsからリリースされたオムニバスCD
「Sound Of Minds」に参加しました!
JSA Records 「Sound Of Minds」ジャケット
2006.12.27 Release 発売元:JAPAN SHOW ANGEL RECORDS JSAR1K-16  2,100円(税込)

自身初のCDリリースでございます!

※このブログのご案内※
カテゴリの説明
[お知らせ]…俺の最新ニュース

[音楽]…私の周囲の音楽事情についてのレポートです.
[ライブレポート]…私のアマチュア/プロ問わずのライブレポート

[コラム]…ふぇにの哲学・思想・音楽観…などなどを盛り込んだ長文になりまくりなカテゴリです.めっちゃ疲れるので,ひま~な人しか見ちゃいけません!!

[日常]…音楽からちょっと離れた,ふぇにの日常をリポートします.

このブログのQRコード(携帯でどうぞ~)
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。