サウンドハウス
2015. 10. 14  
【今年行った曜日】両日
【都道府県】宮崎県
【年齢】31
【今年で何回目】はじめて///
【目当てだったバンド】1日目:ガルネリ、ハマフォ、ロイハン、ガンマレイ、2日目:ギゼ、プリティメイズ、サバトン、DML、ハロウィン
【ベストアクト】ベストはサバトンだけど、ベストな流れはハマフォ→ロイハン→ガンマレイで昇天
【ワーストアクト】マイクヴェセーラ、クビになるのがわかる。
【ベストフード】サブステのソーキそば。2日連続。あと世界市のケバブ、終了後の西川口駅西口のお好み焼きぼちぼち
【ベストお姉さん】サブステのオフィバーでハロウィンやメイドしてた小柄な子。気さくだった。友達になりたい
【ベストお兄さん】バグパイプおじさん。ともだちになりたい
【来年観たいバンド】ブラガかアヴァンタジアのどっちか、シンフォニーX、イェスパーストロムブラード
【感想&エピソード】
はじめてのラウパにしてプロのメタルでありフェスだったので、すごく楽しかった。
日本人の観客と話とかはできなかったけど、MAで一緒にヘブン&ヘル、ラントゥザヒルズ、シークアンドデストロイ
大声で歌った後ちょっと会話した白人おじさん
浜田のとき水以外持込禁止の表示がわからなそうだったので英語で説明したらそのあとちょろっと話せた2人の白人兄ちゃん
DMLのサイン会でなんとかTAKと切り出して、英語で会話できたDMLの3人
新都心駅で上野はどっちかと訪ねられて、東京方面だと教えられた中国人2人
その他ラウパ以外でも英語でコミュニケーションとれたのは世界フェスならではの醍醐味だった。
【改善して欲しい点】音としてはメインが低音でかすぎ、というか振動が気持ち悪かった
スタッフの対応がまちまちで、クローク受付とか売り子さんはにこやかで好感がもてたけど
学生っぽい男の多くは経験も融通もなくてイラっとした。
客層的に外国人にも対応できるようにしとけよと

もう一度いうけどヴェセーラはひどかった。
ギゼとガルネリにぜひとも日本代表としてがんばってほしい
2015. 04. 12  
はじまりはFBでメッセージをやりとりしたこと・・・だったような・・・


宮崎県西臼杵郡高千穂町(九州山地の真ん中ぐらいに位置する、すごく高いところにある町)の
ライブバー Garageさんにて一緒にやろうと、高千穂在住のシンガーソングライターの平井さんから
お誘いがありました。

スタ練かと思ったらライブだったという自分の勘違いだったんですが、ひさしぶりのライブにハイテンションとハイ緊張で
大変だった気がします。練習はオリジナルとカバーを可能なものだけに集中してやる感じでした。

当日はホントノープランでした。当日スタジオ入ってから高千穂入りしようかなと思ったりしてたけど、
結果観光してました。おかげですばらしいインスピレーションをうけました(ぎまん疑惑)

20時オープン
21時スタート
5時クローズ

はじめての体験

結論:楽しかった!

ではその経緯を書きます。

21時に私がスタートしました
曲は
1.故郷(オリジナル)
2.World Colored Blue(オリジナル)
3.Stand By Me(Ben E Kingカバー)
4.落陽(吉田拓郎カバー)
5.不止木馬(オリジナル)
6.花(喜納昌吉カバー)
でした。

曲は今ツイキャスやりながら聴きなおしてるんですが、失敗はすごく数多いけど
がんばったし、結果的に良かったと思います(震え)
MCひどいなwww

需要が多ければブートレグ化するかもしれないので、リクエストあればおねがいします(やらないでくださいという)

そんなんで、私のアコースティックは終了

それからは平井さんにバトンタッチ

邦楽のカバーとオリジナルを織り交ぜたものでした。詳細はわからんですが、奥田民生やいまわのきよしろうをやってました。
そして村唄。これはホントにオリジナル。唯一な感じがたまらんでした。

そして第一部終了。のんかた

第二部でセッション大会になりました。いろんな人がいました。残念ながらブログですべてを文字にしてつたえるには
無理だとあきらめざるをえません。
こんどはビデオをとろう。だけど関係者の了解得なきゃねw

すいません。体調が悪いので、今日のブログはこれぐらいで・・・
写真等はまたまとめて追記します。

今後は家に引きこもってないで、もっと表に出てだめだしされたいです。
2012. 05. 05  
ライブ観にいってきました
20120505143922.jpg


CLAMPのギターの仁さんに取り置きお願いしたのでチケ代1000円+ドリンク代500円用意した後、スタッフの人に

「+1000円で飲み放題になりますが、どうですか?」って言われたので

+1000円しました。札が無くなりました。


今回のイベントを創りだしたCLAMPのドラム、故シュウさんへの黙祷をして、ライブスタート。


1.AKIRAさん
CIMG1722.jpg

唄が前よりきれいで抜けるような声になってたなーって思いました。
オリジナルも良いメロディの曲を多く書いてました。コブクロの曲もよかったです。


2.HYPERMANさん
CIMG1723.jpg

オリジナルでアナーキーな弾き語りをする方ですが、安定してたなーっていう印象でした。
小さな音から大きな音まで、ダイナミクスの使いかたが上手いなーって思いました。


3.WHITE NOIZさん
CIMG1725.jpg

もともとへヴィなオリジナル曲をやってたようですが、今回はX、マシンガンズ、Hideとかのコピーをやってました。
ドラムがとにかく安定してて上手かったです。
あとギターアンプがヒューケトの赤く光るのと青るのを使っていて目にも印象的という光景。


4.G.O.Pさん
CIMG1729.jpg

名前は前々から知っていたんですが、ライブは初体験。
よく見ると、左のギターの方が、元ドランケンマスターのVo&Gの椎葉さんだったという驚き。
曲も今まで聴いたことのないような新鮮なものでした。


5.CLAMPさん
CIMG1733.jpg

今日のライブで一番熱かった、正真正銘のヘッドライナー。
音のバランス、曲の出来、客のノリ、全てが神がかってました。
シュウさんが降りてきてたな、って感じました。根拠はないけど冗談でもなく。

アンコールでは奏者観客関係なしにステージで大暴れ
CIMG1740.jpg
CIMG1736.jpg

こんな光景は見たことなかった。


最高潮の中でライブは終了。
その後、観客フロアでハイスタの曲をバックにサークル・モッシュやってる人たちがいました。
イベント名のとおり、ライブハウスに居た人みんな、心まで酔って楽しんでいました。

きてよかった、マジによかった
2010. 11. 03  
10月31日(日)ライブしてきました。
足を運んでいただいたお客様、関係者各位ありがとうございました~


んで、ライブは無事終了したのですが、リハーサル終了後に事件が起こりました。


おもて1
おもて1 posted by (C)ふぇに

なんの変哲もないストラトキャスター


リハーサルがおわり、スペースが空いていることを確認したので、
パフォーマンスの確認をしました。

こんなパフォーマンス(1:40あたり)↓


http://www.youtube.com/watch?v=HIynhm4y56E

(このころのインギーかっけぇなぁ・・・)


そしたら・・・こんなになった(マジに)

http://www.youtube.com/watch?v=Yj7iiuPQ_hE


まわしている最中に、エンドピンが抜けた。
もう10年も使っていて、何回かまわしたこともあるのでネジが緩んでいたのかなぁ、と思った。


落ちるだけならよかったんだ・・・傷がある程度つくだけならよかったんだ・・・


おもて2
おもて2 posted by (C)ふぇに
なん・・・だと・・・?


おもて3
おもて3 posted by (C)ふぇに
亀裂、圧倒的亀裂っ!


表だけで終わらない

エンドピン
エンドピン posted by (C)ふぇに
エンドピン付近、横も・・・ということは・・・


なっぴろ
なっぴろ posted by (C)ふぇに
なっぴろ(某秋田のスーパーバンド)ステッカーがぁぁぁぁぁああ(泣)

Char
Char posted by (C)ふぇに
Charししょ~~~~~(泣)



細部
細部 posted by (C)ふぇに
ボディ裏面の細部、見事にパックリ


決定打
ネックジョイント部
ネックジョイント部 posted by (C)ふぇに
ネックジョイント付近まで・・・


たぶん、ピックガードをはずせば、綺麗な割れ目が見えるはずです。
おそらく、このギター(3ピースバスウッド・・・たぶん)の接合部がスパッと割れたような
形になっていると思います。打ち所が悪かった。



こんなギターですが、ライブ本番では最初の2曲は無事何事もなく弾けました。すげぇ



それからの取り扱いは大変なもので、ヘタにぶつければ見事に割れると思いましたので、
丁重に扱っております。今は波風のあたらないところにそっと置いております。



このギター自体は定価4万弱の安いフェンジャパなんですが、
高校入試終了したその足で、今はなき西村楽器店に注文しにいって
ゲットしたマイファーストギターです。

幾多の苦難を共にし、Gibson売るともこいつは捨てず、かなりメインギターとして使ってきた俺の嫁です。

素人考えですが、接着は可能ではないか?と思います。
綺麗に割れた、ということは、接着方法を誤らなければ、綺麗にはまるのではないか?と思います。


俺は、こいつは墓場まで持っていきたいギターであり、まだまだ使い続けたいので
なんとかして入院・リハビリをさせたいと思います。

とりあえず、某楽器屋さんとか、某マイミクさんとかに相談してみたいと思います。
それで、もし再生可能であれば、金に余裕があるときに手術を申し込みたいと思います。



ちなみに、割れてしまったとき、あまりに綺麗に割れたことに、落胆よりもむしろ笑いがこみ上げたのはなぜなんだぜ?



とりあえず以降のライブやRecでは、他のギターで対処したいと思います。
2010. 10. 01  
まずはこちらを聴いていただきたい

http://www.youtube.com/watch?v=i-p0_hq1UFk


http://www.youtube.com/watch?v=SYd5cxP7rko



デンマークの国民的ロックバンドであるDizzy Mizz Lizzyです。

先日9月28日、29日に、川崎クラブチッタにて、彼らの一年限りの再結成の
フィナーレライブが行われました。

行ってきました。

2010年5月にも再来日して、そのときにも行きました。

半年たたずして2回もDMLを観れた私は、とても幸せものです。


つくづく、彼らトリオの化学反応は唯一無二だと感じました。

Vo/GのTim Christensenの力は凄く大きい。
実際に、彼のボーカルとギターがDMLそのものであることは明らかで、
ライブだと、変幻自在なギターと、心温まるボーカルには心を動かされずにはすみません。
アンコールではソロ作2曲をアコースティックでやっていましたが、
彼は一人でも、最高のアーティストでした。

ですが、BのMartin Nielsen、DrのSøren Friisは、Timが表にあるなかで、
明らかな基礎を作り出していることを感じました。
改めて、ベース&ドラムスは大切であることを、
そして、三人のバランスがぴったりであることを感じました。


彼らが残したアルバムは2枚、ベストアルバムもあります。
個人的には、アルバム二枚を手に入れていただきたい。
それが、良くも悪くも彼らだから。

できればベストアルバムと来日ライブアルバムもつけてほしい。
それが、彼らの真価だから。


それと、Timのツイッターなどから、Dizzy Mizz LizzyのドキュメンタリーDVDが
出るらしいです。もちろん、ライブ模様も収録されるでしょう。

必ず買います。


でも、どんな綺麗な映像や音声も、生の一瞬にはかなわない。
そのかわり、忘れてしまうものもある。

彼らがいたことを、私はずっと覚えておきたい。
時代に風化されても、彼らがいたことを忘れなければ、DMLファンにはそれでいい。


将来、DMLが再々結成されるのは大歓迎だし、Timがソロで来るのもオールOK。
ただし、俺がいけるかどうかはわからないけど。

今回の東京行きも、かなり強行したので、非常にあとあと影響があるかも・・・

でも、後悔したくなかったし、実際後悔しなかった。むしろ充実した。


今はとりあえず、ありがとうDML。また、逢いましょう。
ブログ内検索
カウンタ
現在の閲覧者数:
累計の閲覧者数:
プロフィール

ふぇに

Author:ふぇに
音なき世界に意味はなし

ふぇにのライブetc音楽情報!!


好評発売中!

2006/12/27にJSA RecordsからリリースされたオムニバスCD
「Sound Of Minds」に参加しました!
JSA Records 「Sound Of Minds」ジャケット
2006.12.27 Release 発売元:JAPAN SHOW ANGEL RECORDS JSAR1K-16  2,100円(税込)

自身初のCDリリースでございます!

※このブログのご案内※
カテゴリの説明
[お知らせ]…俺の最新ニュース

[音楽]…私の周囲の音楽事情についてのレポートです.
[ライブレポート]…私のアマチュア/プロ問わずのライブレポート

[コラム]…ふぇにの哲学・思想・音楽観…などなどを盛り込んだ長文になりまくりなカテゴリです.めっちゃ疲れるので,ひま~な人しか見ちゃいけません!!

[日常]…音楽からちょっと離れた,ふぇにの日常をリポートします.

このブログのQRコード(携帯でどうぞ~)
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム