サウンドハウス
2017. 09. 28  
アニメ『天使の3P!』は大盛況で終わったところですが、そのアニメの挿入歌アルバムがリリースされたのでゲットしました。

>ロリ&ポップなシンフォニー
IMG_8821.jpg
IMG_8822.jpg

めちゃくちゃロックじゃないか!!!

やばい。こんなに初回再生で打ち震えるアルバムは、あんまり記憶にない・・・
以下、公式のアルバム内容文
http://www.tenshi-no-3p.com/product/cd03.php
♪タイトル:TVアニメ『天使の3P!』Three Angels Complete Album ♪
♪アーティスト:五島 潤(CV:大野柚布子)、紅葉谷希美(CV:遠藤ゆりか)、金城そら(CV:古賀 葵)、
ボーカルソフト音声(CV:小倉 唯)、相ヶ江柚葉(CV:井口裕香)
♪品番:LACA-15683
♪税抜価格:¥3,000(税抜価格)
♪発売日:2017年9月27日(水)
♪発売元:株式会社ランティス
♪販売元:バンダイビジュアル株式会社
♪INDEX:
01. 深海プリズナー
作詞:真崎エリカ 作曲・編曲:高田 暁
歌:五島 潤(CV:大野柚布子)、紅葉谷希美(CV:遠藤ゆりか)、金城そら(CV:古賀 葵)

02. モノクローム果樹園
作詞:真崎エリカ 作曲:中山英二 編曲:中山英二・早川博隆
歌:五島 潤(CV:大野柚布子)、紅葉谷希美(CV:遠藤ゆりか)、金城そら(CV:古賀 葵)

03. HOWLING
作詞:真崎エリカ 作曲・編曲:佐伯高志
歌:五島 潤(CV:大野柚布子)、紅葉谷希美(CV:遠藤ゆりか)、金城そら(CV:古賀 葵)




04. 大切がきこえる
作詞:真崎エリカ 作曲・編曲:奈須野新平・廣澤優也
歌:五島 潤(CV:大野柚布子)、紅葉谷希美(CV:遠藤ゆりか)、金城そら(CV:古賀 葵)




05. INNOCENT BLUE
作詞:真崎エリカ 作曲・編曲:Meis Clauson
歌:五島 潤(CV:大野柚布子)、紅葉谷希美(CV:遠藤ゆりか)、金城そら(CV:古賀 葵)





06. ファーストテイク
作詞:真崎エリカ 作曲・編曲:伊藤 賢
歌:五島 潤(CV:大野柚布子)、紅葉谷希美(CV:遠藤ゆりか)、金城そら(CV:古賀 葵)

07. 深海プリズナー ボーカルソフトアレンジ
作詞:真崎エリカ 作曲・編曲:高田 暁
歌:ボーカルソフト音声(CV:小倉 唯)

08. 大切がきこえる ボーカルソフトアレンジ
作詞:真崎エリカ 作曲・編曲:奈須野新平・廣澤優也
歌:ボーカルソフト音声(CV:小倉 唯)

09. 大切がきこえる 双龍島アレンジ
作詞:真崎エリカ 作曲:奈須野新平・廣澤優也 編曲:廣澤優也・藤井亮太
歌:五島 潤(CV:大野柚布子)、紅葉谷希美(CV:遠藤ゆりか)、金城そら(CV:古賀 葵)

10. 大切がきこえる ピアノアレンジ
作詞:真崎エリカ 作曲:奈須野新平・廣澤優也 編曲:ラムシーニ
歌:相ヶ江柚葉(CV:井口裕香)

11. INNOCENT BLUE ボーカルソフトアレンジ
作詞:真崎エリカ 作曲・編曲:Meis Clauson
歌:ボーカルソフト音声(CV:小倉 唯)

かいつまんで説明すると
・レコードでいうA面にあたる部分がメインバンドの潤、希美、そらによるリヤンドファミユ(的な設定の)楽曲
・同じくB面にあたる部分が響P打ち込みによるボーカルソフト(的な設定)アレンジと双龍島でのコラボレーション、くるみ小梅柚葉による@@@@@@@(一応1期における名無しのバンド)アレンジ楽曲
の計11曲


んで、感想を簡単に言うと・・・
・どこにもコピペできそうな部分がないと思えるような複雑なアレンジ
・小学生でこれができたら楽器やめたくなるような演奏テク
(楽器パートはプロのスタジオミュージシャンなので当然なんですが)
・それでも演奏があくまでバックだと思わされる歌声とメロディ
・A面相当だけで全部シングルカット可!
・それと比較するとどうしてもB面は仮歌感が出てしまうのと、双龍島コラボおよび@@@@@@@バージョンの大切がきこえるは異色になってしまう
(某歌ロイドのピッチコントロールや@@@@@@@のEDM的アレンジが好きという方もいらっしゃるでしょうし、そこは好き好きということで)

です。

個人的に一番ショックだったのは
2.モノクローム果樹園(劇中では4話あたりでアウトロだけが流れてる曲)
でした。A面相当の部分はすごく90年代ロックの香りがしたんですが、その中でもこの曲のウェット&ダークな雰囲気とメロディがドツボでした。
Bメロが特にキタ。リズムがまじ工夫されまくりんぐ。

他に劇中ワンコーラスで存在感を放っていた
3.HOWLING
の出来は素晴らしいもので、たぶん大半の人から好評なのではと思います。

つうか順位なんか決められるかボケ!

そしてワンコーラスを聴いた後のフルコーラスでは楽曲の印象がすんごくいい具合に裏切られるので、ぜひCDを買うかレンタルして聴いていただきたい。
もちろんB面相当の楽曲が好きな人にも楽しめる内容だと思います。大切がきこえるという一つの楽曲がアレンジ別に4バージョンもあるってのも斬新ですよね。
基礎を押さえて古き良き部分をろしゅう(なぜか)しつつ新時代のアプローチも織り交ぜるというやり方は大好きです。

ブックレットを見て驚いたのは、
・歌詞は全部同じ真崎エリカさんという方
・なのに作曲と編曲はすべて違う方
・にもかかわらず、リヤンドファミユ演奏前提の楽曲は極端な違和感が感じられない
(先行シングルのED曲楔はかなり大胆なヘヴィロックですが、このアルバムはそこよりややソフトよりでした。といってもギターがめっちゃテクニカルでした。ギタリストはジョンペトルーシ好きだな(憶測))
こういう裏方のプロダクションはおんなじ楽曲作る側として、聴いててとても勉強にもなります。

悲しいことに、楽曲演奏したミュージシャンのクレジットはブックレットには書いてないんですよね・・・
ツイッターでは演奏された方が挙がっているのを見るので、余裕があれば見つけてまとめたいと思います。
<追記>
ツイッターでコメントされている作詞作曲編曲者の方や、楽器奏者の方を上記曲順にリンクして紹介させていただきました。

なお、このCDは某メイトで手に入れたので、半ばあきらめていた特典の中の缶バッジが付いてきた。
いい記念や
IMG_8823.jpg


いい刺激となりました。これであと数か月は生きていける・・・

それと同時に、今後リリースされるサウンドトラックの、ディスク2
ソロアレンジというのが、ひじょーに気になる・・・
http://www.tenshi-no-3p.com/product/cd04.php
2017. 09. 26  
カセットテープとは、死んだぞい
2017-09-26.png

(主に引きで)作画が崩れることもあった
(原作から比較して)シナリオがはしょられることもあった
(個人的に)困惑しそうなほどロリに走ることも多々あり
(まさかの本人コメントで)スタッフの名前が間違ってることもあった
(おかげさまで楽器デザインという担当がいらっしゃることもわかったのでおーるおっけー)

それでもここまでテンションを保って最終回を迎えたことには拍手を贈りたい。

と思って12話最終回を観てたら、
・最後の最後にすごいバンドアニメっぽい説明とか展開がでてきた。
(きっとくーちゃんの中ではサビ前とかサビ中に2拍子間に入れてたんだ。そうに違いない)
・正義のひとりグリマーツインズ発言(ストーンズのミックジャガーとキースリチャーズのコンビのことらしい。)
そこでレノンマッカートニーと言わないとこが天P(3P)らしいニッチさ
・妹がキーボードを買いに行きます@ヤマハミュージック 船橋あたり店
MX61 BUというやつらしいのだけど、そんな装備(61鍵)で大丈夫か?
それにしても青とはチョイスが鮮やかすぎる。フツーは黒か白しかないのに
(画像をクリックすると音屋に飛びます。税込み8万弱・・・
ガチでギターやろうとすれば最近は本体でも10万ぐらいするからなかなかリアルなチョイス。)

・そして唐突な釣りパート(マルチミーニング)今季2発目のランニングホームラン
・Bパートだけで曲が3曲演奏されていてエンディングがフルとか、うちらのサイフを殺しにかかってますね
・アベマだと最後の懺悔室が観れませんでした。他の動画サイトにもなかったらBD買うしかないですね。やっぱりうちらのサイフを殺しにかかってますね

最終話がこれだけ怒涛に進むなら前数話の作画もやむなし。というかとびきり優秀ではないでしょうか?
ろうきゅーじゃそんなすげーとは思わなかったのだけど、期待分良く見えたのかしら
キャラクターが多彩で覚えやすかったです。妹や小梅と柚葉と小百合さんは出演回数少なかったり後半しか出てないのにメイン喰いかねないインパクト出してたのは中の人のキャリアを思い知らされましたし、響やマスターなど男性キャラもどっしりした存在感がありました。
モブキャラもテキトーとは対極にあるしっかりした描写の中で記憶に残りました。
潤はキーパーソンとしてメインヒロインのメイン的な立ち位置、ぞみは原作補正もあり今作で結構いるツンデレの中でも王道ツンデレだったと思います。
今作品の個人的MVPは、本編ではぼけぼけ、寝てる、ぶっ飛んでるのに、シリアスシーンでハート釘づけにして、懺悔室で腹抱えて笑わせてもらったくーちゃんと
クーデレとみせかけて回を重ねるごとにハートフルで、釣りキチで、いろいろ残念かつ不憫な美人、それでも笑顔がヤヴァイと思ったさくねえでした。

キャストおよびスタッフの皆様、そして原作の蒼山サグさんありがとうございました。お疲れさまでした。
まだまだ関連コンテンツが目白押しになりそうですが、本編1期終了まで毎回しっかり視聴できてほんとによかったと思います。
アニメーターの過酷な現場の伝聞を耳にしますが、出来上がったものはまぎれもなく職人技だったのだと感嘆しております。
バンドアニメとしてOP、EDや挿入歌としてたくさんのオリジナル曲が流れましたし、それらの曲すべてが聴いて一発で覚えられるようなキャッチーさと飽きない複雑さと魅力が十分に詰まったものでしょう。
金銭的に懐は寒いですが、とりあえずアルバムポチってます。


アベマとかの再生数視聴数やコメント数みたら数万アクセスあったみたいですし、
CDはともかくBDの売れ行き次第では、2期も期待していいですよね?
今この記事書いてる最中も思い出と同時に、いわゆるロスに襲われてる感覚でそこが恐怖ですが、さらにマニアックに発展していくことを祈願して、今季の天使の3P! アニメ終了の感想と感謝をもって結びとします。







P.S 釣りキチさくねえとかどうよ?
2017. 08. 08  
Youtubeより引用
全くもって健全なコンテンツです


ちなみにフレーズは1弦12fから始まるマイナーペンタトニックでタッピング→チョーキング使いながら4弦まで降りてそこからトレモロピッキングで上昇するフレーズ

IMG_8544[1]

こういうのの完コピをアップするなんてことはできないのでやりませんが、ロックなギターソロのアドリブにはとてもお手本なフレーズだと思うので、インプロヴィゼーションに興味のある方はぜひチャレンジしてみてください。
弾いててフィーリングがヴァンヘイレンの暗闇の爆撃(Eruption)というよりエリックジョンソンの遥かなるドーバー(Cliffs of Dover)とかMSGのSave Yourselfのイントロのように思った。




追記
天使の3P!の5話の潤さん滝のシーンが20秒間に粘りのあるリードが弾かれてたので、自分ならどうなるだろうと思って弾いてみた。 使ったギターのせいもあれど、ヨーロッパのカリカリしたトーンになってアメリカンサウンドってすげーなーって感心した。
ブログ内検索
カウンタ
現在の閲覧者数:
累計の閲覧者数:
プロフィール

ふぇに

Author:ふぇに
音なき世界に意味はなし

ふぇにのライブetc音楽情報!!


好評発売中!

2006/12/27にJSA RecordsからリリースされたオムニバスCD
「Sound Of Minds」に参加しました!
JSA Records 「Sound Of Minds」ジャケット
2006.12.27 Release 発売元:JAPAN SHOW ANGEL RECORDS JSAR1K-16  2,100円(税込)

自身初のCDリリースでございます!

※このブログのご案内※
カテゴリの説明
[お知らせ]…俺の最新ニュース

[音楽]…私の周囲の音楽事情についてのレポートです.
[ライブレポート]…私のアマチュア/プロ問わずのライブレポート

[コラム]…ふぇにの哲学・思想・音楽観…などなどを盛り込んだ長文になりまくりなカテゴリです.めっちゃ疲れるので,ひま~な人しか見ちゃいけません!!

[日常]…音楽からちょっと離れた,ふぇにの日常をリポートします.

このブログのQRコード(携帯でどうぞ~)
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム